セミナー・イベント情報

Home > セミナー・イベント情報 > 【開催レポート】「manaba ユーザ会 2016年度 秋」

ユーザ会  2016年

【開催レポート】「manaba ユーザ会 2016年度 秋」

2016年11月11日(金)に「manaba ユーザ会 2016年度 秋」を開催しました。

今回は東京と大阪の2会場で同時に開催し、
東京会場では20大学26名、大阪会場では10大学15名の方にご参加いただきました。

当日の様子をレポートさせていただきます。

第1部 利用率を上げるための具体的な施策

第1部では「利用率アップの施策」というテーマで、4~5人のグループに分かれて
各大学の manaba 利用率向上のための施策を共有していただきました。

その後、各グループの話題を全体に共有していただきました。
以下、話題に上がった主な内容をまとめます。

教職員向けの施策

 ・資料の作成と配布
  ‐ 教員向けに「○○がしたいとき → □□の機能が便利」といった、FAQベースの資料を作成する。
   ※例:教材を学生に配布したい → コースコンテンツで実現可能(マニュアルP.●●)
  ‐ 月に1回教員向けのニュースレターを発行して manaba の活用事例等を紹介している。
   ※配布方法:一斉メール、 manaba のコンテンツ、紙に印刷して各教員に配信
 ・教職員向けコースの作成
  全員が登録されているコースで manaba のバージョンアップ内容を周知したり、
  利用に関する質問を受け付けたりしている。
 ・ manaba の活用方法周知
  manaba をテーマにしたFD委員会を開催して、 manaba を積極的に活用している先生から
  事例を紹介していただく。
   ※学部によってよく使われる機能が異なる場合があるため、様々な学部の事例を集められると良い

学生向けの施策

 ・利用方法の周知
   ‐ 情報リテラシーの授業シラバス内に「 manaba の活用」という項目を設け、
    1年次に学生が基本的な操作を学ぶ。
   ‐入学時に配布されるシステム利用ガイドに manaba の利用方法を掲載する。
 ・様々な利用シーンでの活用
   ‐提出必須のレポートや希望ゼミのアンケート回収等を manaba で実施する。
   ‐就職情報コースに学年全員の学生を登録し、就職課からの就職情報やイベント情報を共有する。

userpic1

第2部 統計情報の分析方法と活用

第2部では、まず manaba 統計機能の活用事例について、
東洋大学情報システム課の藤原様と、福山大学工学部の片桐先生よりご紹介いただきました。

その後、各大学の manaba コース統計情報をもとに弊社で利用率を分析したシートをお配りして、
その内容を踏まえて各グループでお話しいただきました。

以下、話題に上がった主な内容をまとめます。

統計情報の活用方法

 ・全体の「利用率」を見ることはあまり意味がなく、コースごとの状況に着目すると良い。
 ・コースごとの統計をもとに、 manaba をよく活用している先生と、その先生が使っている
  機能を抽出する。
  そして、その先生から活用事例のヒアリングを行い、全学に共有することで、 manaba の
  活用率アップにつなげていく。
 ・教務システムとデータ連携を行っている場合、 manaba を全く使わない先生の授業も
  全てコースが作成されるので、”利用コースの割合”などが下がってしまう。
  こうしたコースは管理者メニューで「統計除外」にすると、より実態に即した統計情報になる。

配布した分析シートの感想等

 ・分析情報を見比べてみて、大学ごとに利用に特色があることが分かった。
 ・掲示板、コンテンツの情報発信系機能とレポート機能は各大学共通でよく使われている傾向がある。
 ・経年変化を持参いただいた大学もありログイン数は減っているが、総PV数が上昇していたり、
  学内に manaba が知名度も実利用も含めて、浸透してきたという話につながった。
 ・学生がオフィスアワーに来なくなったことが疑問だったが、分析結果から質問を掲示板で受け付ける
  教員が多いためだと分かった。

userpic3

ユーザ会を終えて

今回のユーザ会は東京、大阪の2会場で同時に開催いたしました。
弊社でも初の試みでしたが、ご参加いただいた皆様から、次回開催のご希望を多数いただきました。

今後もユーザの皆様が気軽に交流いただけるような会を定期的に開催していきたいと考えております。
今回ご参加いただけなかった皆様も、ぜひ次回のご参加をご検討ください。

お忙しい中ご参加いただいた皆様、誠にありがとうございました。

開催概要

東京会場

日 時 2016年11月11日(金) 13:00~17:30 (受付12:30~)
会 場

歌舞伎座タワー21階 (株) 朝日ネット セミナールーム

参加費 無料

大阪会場

日 時 2016年11月11日(金) 13:00~17:30 (受付12:30~)
会 場

グランフロント大阪北館タワーC8階

ナレッジキャピタルカンファレンスルームタワーC RoomC05

参加費 無料

 

タイムスケジュール

オープニング

13:00 ~ 13:05

開会挨拶

第1部 利用率を上げるための具体的な施策

13:05 ~ 13:10

趣旨説明

13:10 ~ 14:10

グループトーク
 それぞれの大学で、 manaba の利用率を上げるためにどのような
 施策を実施しているかを共有していただきます。

  ※学内ポスター等や紹介動画など実物がありましたら、
   ぜひお持ちください。

14:10 ~ 14:40

グループ発表
 各グループで話題になった施策や盛り上がった内容などを
 他のグループの方々へご紹介いただきます。

休憩

14:40 ~ 15:10

コーヒーブレイク
 お飲み物とお菓子をご用意しております。
第2部 統計情報の分析方法と活用

15:10 ~ 15:15

趣旨説明

15:15 ~ 15:45

事例紹介:東京会場、大阪会場
 各会場から代表して1大学ずつ発表いただきます。

15:45 ~ 16:45

グループトーク
 それぞれの大学で、 manaba の統計情報をどのように
 分析しているか、また、その活用の場面を共有していただきます。

  ※実際に分析されているデータや報告書などありましたら、
   ぜひお持ちください。

16:45 ~ 17:15

グループ発表
 各グループで話題になった分析方法や盛り上がった内容などを
 他のグループの方々へご紹介いただきます

クロージング

17:15 ~ 17:30

閉会挨拶

第3部 懇親会(参加費無料)

2016年イベントスケジュールへ


セミナー・イベント情報

年間スケジュール


PAGETOP

株式会社朝日ネット 株式会社 朝日ネット

株式会社朝日ネットは、1990年創業の東証一部上場会社です。
インターネット接続サービス「ASAHIネット」およびクラウド型教育支援サービス「 manaba 」を提供しております。

プライバシーマーク ISMS