導入事例

ホーム導入事例大学と病院研修への学修支援システム導入・活用

聖路加国際大学 様

大学と病院研修への学修支援システム導入・活用

大学での学習成果の蓄積と病院での研修プログラムの構築を目的に「manaba」を導入

聖路加国際大学

エリア:関東
学生数:686名(2018年4月現在)
学部:看護学部

クラウド型学修支援システム「 manaba 」の導入目的と背景

聖路加国際大学看護学部は、大学・大学院のキャンパスに聖路加国際病院が隣接しています。その環境を活かして学生は日々実践的・専門的なスキルの習得に励んでいます。専門的知識を有する看護教育では、単発的なく継続的な学修の積み重ねが重要となります。そこで、学修成果を蓄積する機能を持った学修支援システム 「manaba」 を2014年1月より導入しました。

また病院では、いつ、どこからでも利用可能な本システムで研修プログラムを構築することにより、日々業務で忙しい看護師や医師の研修を効率的に行えるよう支援を行っています。

活用事例 ~大学・病院~

対象や利用目的が異なる大学と病院ですが、manaba の環境を共同利用しており、取り組みごとに自由なグループを作成し、グループ毎にやり取りを行うことが可能です。

今後の展望

現在は大学、大学院、認定看護師教育課程、病院それぞれで manaba を利用していますが、将来的には大学入学から病院研修まで、一連の流れで manaba を活用し、そのすべての記録を個人のポートフォリオとして残し、大学での学びの振り返りなど、積み重ねた学修成果を学部教育や院内研修等でより活かすために活用していきます。

CONTACT
manaba のサービス内容のご確認やご相談は、
お気軽にお問い合わせください。