導入事例 manaba をご活用いただいている導入事例をご紹介

Home > 導入事例 > manaba folio > 主体的な学びを引き出す仕組みづくり

主体的な学びを引き出す仕組みづくり

manaba folio

manaba folio一覧

NEW

ポートフォリオに蓄積された成果物を基に、学生一人ひとりに合わせた指導内容の分析や学生自身による効果的な学習の振り返りを行っています

大阪総合保育大学は、2006年に日本初の保育系大学として開学しました。
理論と実践の融合を軸とし「子どもと1,700時間」プログラムを実施しています。このプログラムのさらなる質的向上を目的として、平成26年度「私立大学等教育研究活性化設備整備事業」に申請・採択を受け、2015年度から manaba の全学利用を開始しました。

大阪総合保育大学

設立:2006年
所在地:大阪市東住吉区
学生数:約530名(2015/9/1現在)

導入の背景

日本初の保育系大学として開学した大阪総合保育大学は、開学当初より理論と実践の融合を軸とし「子どもと1,700時間」プログラムを実施しています。このプログラムは、4年間で「免許・資格取得のための実習(約740時間)」と、「1週間に1日(8時間)1年間継続して現場に行くインターンシップ実習(約 960時間)」からなっています。これによって、保育者・教育者としての即戦力・実践力を養う体験的な学習の場を提供し、そこでの成果や課題は日誌に残し、将来の学習に役立てています。また、学生カルテの作成や学生に向けて様々な調査を実施することで、学生一人ひとりに寄り添った小規模大学だからこそのきめ細かい指導を心掛けています。「子どもと1, 700時間」プログラムのさらなる質的向上を目的として、平成26年度「私立大学等教育研究活性化設備整備事業」に申請・採択を受け、2015年度から manaba の全学利用を開始しました。

manaba の活用事例

大阪総合保育大学では、学生の振り返りによる学びを充実させるために、 manaba を導入しました。従来よりインターンシップ日誌・学生カルテ・進路希望調査等を紙ベースで行っていましたが、学生の経年的変化を可視化する第一歩として、まずは進路・資格希望などの各種調査を manaba 上で実施しています。また、インターンシップ関連の融合科目では、学生に課すレポートをポートフォリオに蓄積することで融合科目を担当する複数の教員と学生の相互参照が可能になり、効果的な学習の振り返りや学生一人ひとりに必要な指導内容の分析ができるようになりました。今後は、「目標設定⇒評価・振り返り⇒目標再設定」から成る学びのプロセスを確立させ、学習カルテを用いて「4年間の学びの軌跡」をポートフォリオに蓄積し、より効果的な学習・指導機会の提供を実現していく計画です。

oosakasogo_02

 

今後の展望

大阪総合保育大学では、ICTは「対話的指導をより充実したものにするためのツール」であるという意識を大切にしながら、デジタルとアナログのそれぞれのよさを生かしたポートフォリオの構築を目指しています。また、 manaba を学びの情報データベースとして活用することで、授業科目や教員の連携を強化し、学生の能動的・主体的な学びをサポートしていきます。

manaba folio一覧

導入事例を探す

サービスから事例を探す

キーワードから事例を探す


導入事例

サービスから事例を探す

キーワードから事例を探す


PAGETOP

株式会社朝日ネット 株式会社 朝日ネット

株式会社朝日ネットは、1990年創業の東証一部上場会社です。
インターネット接続サービス「ASAHIネット」およびクラウド型教育支援サービス「 manaba 」を提供しております。

プライバシーマーク ISMS