導入事例 manaba をご活用いただいている導入事例をご紹介

Home > 導入事例 > manaba course > 『manaba course』×『White Gate』 ~中央大学への導入~

『manaba course』×『White Gate』 ~中央大学への導入~

manaba course

manaba course一覧

中央大学では授業支援システム(LMS)として「manaba course」を2014年秋学期から全学的に本格運用を開始致しました。

中央大学では授業支援システム(LMS)として「manaba course」を2014年秋学期から全学的に本格運用を開始致しました。
さらに学内のプロジェクトである「White Gate」と連動する形で大学の情報化を高めるための活用を考えています。

中央大学

設立:明治18年(1885年)
所在地:東京都八王子市東中野742-1
学生数:25,082名(2014/5/1現在)

「White Gate」プロジェクトについて

tyuou_img02

大学の情報化における三本の柱として機器の充実・コンテンツ環境の充実・活用環境の充実を図っています。そしてそれらを支える土台として人的環境の充実があり、それらが相互に連動する形で全体の発展へつながっていくと考えています。

その中でもデジタルコンテナに関して創作環境(Create)と貯蔵環境(Store)と視聴環境(View)が独立した形ではなく、それぞれが連動することでユーザがよりデジタルコンテナを活用しやすい環境を構築中です。

授業支援システムとしての「manaba course」

tyuou_img04

授業支援システムとして、2014年の秋学期からの全学における本格運用開始を予定しています。ユーザにとって少しでもストレスのない利用を実現するため様々な施策を試みています。

1.既存システムとの連携

統合認証基盤(シングルサインオン)や教務システムから出力された履修情報を「manaba course」に流し込む日時連携を行っています。

2.ユーザサポートの充実

教員及び職員に向けた講習会を定期的に開催しています。また、サポート体制の充実を図り専任のサポート担当を設けたり動画による操作手順の公開等を行っています。

「White Gate」プロジェクトにおける「manaba course」

tyuou_img03

引き続き拡張されていくデジタルコンテナをユーザが十分に活用していくために、コンテンツを活用する「入口」の統一化を考えており、授業支援システムである「manaba course」が「入口」の一つとなることを目指しています。
今後は様々なデジタルコンテナの「入口」としての役割をより充実させていくための開発も継続して行っていく予定です。

 

manaba course一覧

導入事例を探す

サービスから事例を探す

キーワードから事例を探す


導入事例

サービスから事例を探す

キーワードから事例を探す


PAGETOP

株式会社朝日ネット 株式会社 朝日ネット

株式会社朝日ネットは、1990年創業の東証一部上場会社です。
インターネット接続サービス「ASAHIネット」およびクラウド型教育支援サービス「 manaba 」を提供しております。

プライバシーマーク ISMS